《迷悟之間》日文版 / 迷いと悟りの間

  • 書籍編號 :JT0010
  • 作者 : 星雲大師
  • 出版社 : 佛光文化
  • 出版日期 :
  • ISBN : 978-1-944271-32-9
  • 頁數 :
  • 裝訂 :軟精裝
  • 定價 :280.00
  • 悅讀價 :280.00

內文簡介

《迷悟之間》收錄大師極富感染力的小品文,主題充滿多元性,不論是個人的立身處世、立志修行,到居家的親子之道、婆媳相處或家庭倫理,亦有對社會時事的評析,對世界和平的建言,藉由人生哲學、信仰生活、佛法義理、自然生命,輕輕撥點每個人本具足的清淨佛性。
人世間的「迷」與「悟」,善惡好壞,常在一念之間。

作者簡介

一九二七年中国江蘇省揚州に生れる。十二歳の時︑同省宜興県の白塔山大覚寺 ( 南宋咸淳時代一二六五─一二七四に創建)で志開上人を師として出家。臨済宗第 四十八代伝承者。
一九四九年︑台湾に渡り︑念仏会︑弘法団を組織。布教の基礎を作るかたわら『人 生』『今日仏教』『覚世』など︑仏教関係の雑誌を編集。また佛光出版社を設立。 テレビ出演や著述活動も精力的にこなし︑一九六七年に佛光山寺を開山。教育・文化・慈善事業を広く推進するとともに︑世界各国に仏教の教えを広める寺院・道場を創設。今日︑その数は二百以上に及ぶ。同時に中国仏教研究院︑佛光山叢林学院など を設立して研究と教育にも力を注ぎ︑多くの仏弟子を養成している。社会教育も重 視し台湾内の普門中学・高校︑佛光大学︑南華大学のほか︑アメリカ西来大学︑オ ーストラリア南天大学︑フィリピン光明大学を設立するなど︑教育による社会の進歩に貢献している。
一九八五年︑佛光山住職の職を退き︑中華漢蔵文化協会理事長に就任。一九九一 年︑中華佛光協会を設立。翌年には国際佛光会を発足させ会長に就任。一九九八年 に佛光テレビ局を設立。二〇〇〇年には日刊紙『人間福報』を創刊。現在は国際佛 光会世界総会会長︑世界仏教徒友誼会名誉会長。
二〇一一 年十二月には星雲大師の建設指導による佛陀紀念館が本山隣接地に落成。 多くの著作があるが︑代表的なものは『釈迦牟尼伝』『星雲禅話』『星雲百話』 『星雲日記』『迷悟之間』『有情有義』『佛光菜根譚』などで︑英語・ドイツ語・フランス語・日本語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語などに翻訳されている。また︑講演のCDやDVDも数多く発行されている。二〇一七年五月には佛光山開山五十年の弘法の軌跡と共に︑台湾から世界に人間仏教の思想と理念を広め続けた記録を残すため︑星雲大師のこれまでの著作を収録した『星雲大師全集』全三百六十五冊を出版。
星雲大師は生涯を人間仏教の弘法と発展︑また仏教の制度化・現代化・社会化・ 国際化のために尽力し続けている。